Devialet media

PHANTOMDevialetの美学

GO FOR THE LONG SHOT.

Phantomの設計において、球形が最適解であることはすぐにわかりました。360°の音の広がりと優れた音響特性のために理想的な形状だからです。しかしPhantomのようなスピーカーが他に存在しないのには理由があります。開発が困難な形であるためです。幾重にも試行錯誤を重ね、音響と美しさのバランスを突き詰めていった結果、五感の全てを魅了するスピーカーを生み出すことができました。

Devialet media

正面から見れば、Phantomのコンパクトさは一目瞭然です。横に回って見ると、長いボディとサイドプレートが目に入ります。曲線を伸ばすことで、スピーカーのパワーを犠牲にすることなく軽やかに調和した感覚を創り出しました。長くお付き合いいただくことを前提としたPhantomの筐体は、堅牢・高性能。高温下でもそのままのサウンドをお楽しみいただけます。

Devialet media

GEOMETRIC PROTECTION.

Phantomのツイーターグリルは、機能性に美意識を織り込んでいます。そのインスピレーションは2つ。Devialet(デビアレ)のフランスの血統を意識した18世紀のフランス庭園。そして、クラドニ図形に現れる波、すなわち音の視覚的な形です。美しさと同時に、デリケートなツイーター振動板を守るための十分な強度が必要とされます。技術と創造の戯曲を理解し、パフォーマンスと視覚的ハーモニーのバランスをミリ単位で釣り合わせるべく試行錯誤を重ねました。そこに妥協は存在しません。

Devialet media
Devialet media

EXPERT PANELS.

Phantom Iのデザインで一際目を惹くのがサイドパネル。筐体の側面を飾り、艶やかで空力的なアクセントを添えています。エネルギーを背面へ伝達するために精密に形成したもので、ライト・クローム、ダーク・クローム、マット、そして本物の金で仕上げた22金ゴールドを揃えています。どれを選んでも、その輝きは貴金属のもつ本物の美しさです。

Devialet media

PORCELAIN SKIN.

Phantomの仕上げを考えるにあたり、上質さ、エレガンス、機能性を重視しました。アイコニックなPhantom IIホワイトを除き、新モデルでは先代のグロッシー仕上げに別れを告げ、モダンなマットのエクステリアを採用。光を吸収してあらゆる環境に溶け込みます。視覚的に柔らかな印象も与えます。その内に秘めたパワーと相まって、なお一層魅惑的な逸品となります。それでも、繊細な見かけを裏切るように、どのように扱ってもタフで頑丈。簡単に清潔に保つことができます。

Devialet media

SEE THE BEAT.

まるで音楽に命が吹き込まれているように感じられるのは、錯覚ではありません。これがPhantomのウーファーの働きです。常識を破るそのデザインは、整然と並ぶ2つのドームの裏に強靭に駆動するスピーカーを秘めています。再生してみると、その鮮やかな躍動に目を奪われることでしょう。美しさと強さを兼ね備えたビジュアルエフェクトは、その動きのインパクトとともに、体に響く音として瞬時にご体感いただけるはずです。フレームの裏側を覗いてみると、ドーム状のウーファー振動板が見えます。スピーカーシステム全体の音圧と音量を高め、さらなるパワーをもたらします。サウンドも心も動く感動体験です。

Devialet media

HUG THE CURVES.

ラジエーターは、縁の下を支える筋肉です。クラシックカーの曲線を意識したラジエーターのデザインは、パフォーマンスと機能性の表れ。フィンの正確な間隔から厚みまで、あらゆる要素は専用に設計したもので、余計な熱を排出する、魅力的な外観を作るという2つの目的があります。とりわけ筋肉が常に作用している中では、体幹の強さが鍵となります。アルミニウム鋳造による堅牢な構造と優れた熱伝導性が、極限の音響性能を支えます。

ALL BUTTONED UP.

Phantomは直感的なタッチコントロールで必要な操作が完結します。背面のLEDライトは、OFF、起動中(点滅)、ON(白色点灯)の3つの状態を示します。

Devialet medias
無料UPSのエクスプレス発送
詳細を確認する
Devialet medias
安全な支払いソリューション
詳細を確認する
Devialet medias
14日間のリスク無しトライアル
詳細を確認する