世界でも類をみない特徴

108の特許。12,000のハイテクノロジー。両側面に配備されたウーファーを動かす、60kgの推力。174dBの内部音圧。この数値は、ロケットを打ち上げるほどのものです。

究極まで突き詰めた物理的条件を維持するシステムを作り上げるために、空気力学、自動車、音響、機械などの分野から80名を超える専門家が結集し開発に取り組みました。Phantom Premier製品化までに10年に及ぶ研究期間を要し、2500万ユーロ、日本円にすると33億円に及ぶ莫大な投資を行いました。