Expert Pro - のテクノロジー ADH - Analog Digital Hybrid

アナログとデジタル、両方のいいとこどり。

デビアレが発明したADH® Intelligenceは、世界初のハイブリッド増幅テクノロジーです。業界のスタンダードを新しく定義することとなる発明、ADH®は、アナログ(Class A)の洗練さと直線性、デジタル (Class D)のパワーとコンパクトさを同時に備えることにより機能します。平行して機能する、私たちが特許を取得したこのハイブリッド増幅システムは、性能を劇的に向上させています。

ADH®は、オーディオの増幅に関わる多くの制限に対して対処するモダンでエレガントな音の合成を提供し、新しいハイブリッド増幅のトポロジーとなっています。これは、アナログアンプの低いエネルギー効率性能レベルの向上などを目的として務めた結果であり、「高級オーディオ機器」業界では未だ大規模に採用されている形態ですが、プロ用オーディオ機器や車のオーディオ、ポータブルオーディオプレイヤーの分野においては、長く使われていませんでした。

高性能なアナログ増幅は、不当に高いエネルギー消費量がかかってしまうというマイナス点が見られます。

「世界初のハイブリッド増幅テクノロジーは、アナログ(Class A)の洗練さと直線性、デジタル (Class D)のパワーとコンパクトさを全て持ち合わせています。」

進化したドライバーアシストと同様の原理をベースにした、ADHのコンセプトは、アナログアンプが電圧発生機能(素晴らしいオーディオ性能レベルを維持するため)をこれまで通り行い、スイッチモードアンプとして知られる、劇的に優れたエネルギー効率を持つデジタルアンプが、電流発生機能を担い、結果として負荷のための電力供給が行われます。

私たちが開発したハイブリッドテクノロジーにより、このアナログアンプは、電流を発生させずに、従来のオーディオシステムと同様に、負荷による出力電圧を発生させることができます。そのため、負荷があっても無くても、同じ性能レベルを維持するユニークな技術となっています。どんな電力レベルであっても最高の性能を維持します。別格の増幅機能。

  • シグナル:ノイズ対比

    133dB*

  • フル出力での音の歪み

    0.00025%*

  • 熱による歪み

    測定基準値以下

アナログアンプでは、オーディオのシグナルパスにおいて、受動部品の存在はまったくありません。オーディオシグナル内の能動部品は、電気容量が全くない状態です。

このアナログアンプは、常にエネルギーを消散させ続けることをベースに作動します。そのため、過去と現在で音楽の収録方法が変わっていても、その音楽を再生するにあたり、この技術によりうまく対応できるようになっています。起動時間はかからず、熱による歪みは、一切存在しません。

このアナログアンプは、非常に迅速な速さを持っており、自然なバンド幅は継続的に5 MHzまで幅を広げ、最適な一過性のレンダリングや、全く位相シフトがない状態を確かなものにしています。そのため実際のバンド幅は、再生中のオーディオコンテンツのそのものになっています。44,100 kHzでとったサンプルのファイル22.050 kHz、96.000 kHzでとったサンプルのファイル48.000 kHzなど。

アナログアンプが持つ動作幅は、大きく拡大することができ、最大120Vの電圧を使用できるようになっていますが、聞き取れないほどの低い残留バックグラウンドノイズも一切ありません。どの音量レベルにおいても、スピーカーのヒス音をゼロにします。

このデジタルアンプは、1.6 MHzで作動する革新的なマルチフェーズとマルチレベルデザインを起用しています。4フェーズは、各チャンネル5つのレベル間で作動、またはブリッジしている状態で8フェーズは25個のレベル間で作動します。マイクロプロセッサ―によって稼働し、パワートランスミッションは、時間差無しで、徹底的な正確さを達成しています。このデジタルアンプは、出力コンデンサを搭載していないため、90%の効果を発揮するエネルギー効率と、非常に高い出力密度の獲得を可能にしました。これらの条件を満たすことができれば、最小限の行程で驚くほどパワフルな増幅ステージを創り上げることができます。

ハイブリッド増幅には、多数の利点があります。出力インピーダンスは、全バンド幅に渡り1ミリオームの基準値を常に下回り続けます。その結果としてのダンピング率は、市場のどのスピーカーの完全な調整を保証しています。並外れたオーディオ性能は、コンポーネンツの特別なセレクション、またはピアリング無しで手に入れることができます。この性能は、1つのディバイスから別のものへと複製が可能で、安定性があり、エンジニアリングによって保証されています。

加えて、マイクロプロセッサーによってコントロールされた各増幅チャンネルは、常に自動キャリブレーションが行われ、さらに以下、過電圧、過重負荷、電力パルス、熱による事故などの潜在的な危険性の全てに対して無制限の保護が確実なものになっています。