Expert Pro - のテクノロジー DAC - Magic Wire

世界最短のシグナルパス

Magic Wire®テクノロジーの発明によりデビアレは、DACと、接続されたスピーカーの間をたった5㎝という、これまでで最短のシグナルパスを達成することができました。これは、世界的な記録です。Magic Wire®は、潜在的なオーディオシグナルの欠陥部分を避けることにより機能し、滑らかなインピーダンス整合を提供し、不要なノイズを完全に最小限に留めます。

新しいレベルの性能へ到達させるために、デビアレは、最良のデジタル/アナログ変換器を完全に作り直し、ノイズと音の歪みを技術的に可能な限りゼロに近づけるようにしています。

数年に渡り、デジタル/アナログ変換の大きな開発が進められてきています。「コンピューターオーディオ」時代の流れを変えるものとして、この技術は注目を浴び、オーディオシステムの性能を劇的に変換させてきました。

「Magic Wire®テクノロジーを開発することにより、デビアレは、DACと、接続されたスピーカーの間のシグナルパスを、これまでで最短の距離にすることができました。」

厳密に言うと、高く忠実な再現性を持つということは、音楽のレコーディングをプロデュースするアーティストや技術チームを完全に尊重することを意味します。音の歪や技術的な欠陥は、スタジオの段階では「アーティストが狙ったものである」ということに簡単にされがちですが、再生する時の欠陥は、同じように言うことはできません。

  • DACと接続されたスピーカーの間の距離

    5cm

デジタル/アナログ変換の前に、オーディオサンプルのビット・パーフェクト処理により、オリジナルの収録音に100%忠実な音を再現することを可能にしました。デジタル/アナログ変換後では、このシグナルは必然的に、ある程度までの変更になります。あなたのオーディオシステムがいかに優れたものであっても、その音は100%同一のものには決してなりません。そのため、デジタル/アナログ変換は、できる限り最後に取っておく必要があります。

DACを、ADH®増幅の各段階の中心となるように、これまでにないほどにスピーカー出力に近づけることにより、Magic Wire®テクノロジーは、アナログのシグナルパスを、厳密に最小限に保っています。従来のオーディオシステムでは、数メートルの距離と、間に障害があったのに比べ、アナログシグナルのスタート地点と、増幅の間はわずか5㎝となっています。

デジタル/アナログ変換は、体系的に、増幅段階の途中で行われます。Magic Wire®の構造により、この業界市場において最高の変換器である電流出力DACが持つ全潜在能力を活用することができます。Expert Proモデルには、Texas Instrumentsシリーズ179x変換器が搭載されています。

スタンダードなシステムは、通常直列回路で作動しており、この回路は、電流出力変換器、オペアンプ電流/電圧変換(相互コンダクタンス)、プレ増幅、そして増幅といった順になっています。音を再現する各段階では、必然的にオリジナルの音声シグナルの完全性を破損します。Magic Wire®は、それとは全くの逆で、相互コンダクタンス、アンチエイリアス処理のフィルタリング、そしてシステム全体のゲインが全て同時に行われます。

Magic Wire®は、フィードフォーワードモデルと、電気容量ゼロをベースに作動し、セルフキャリブレーションと、変換器の電流分散のための補償を行う中、自動的に一定の出力を維持します。Magic Wire®は、メーカーの仕様を大幅に飛び越えています。

その結果は、壮観と呼べるにふさわしいもので、ゲインを提供するワイヤー。