• Dave Brubeck Quartet Lacquer
  • Dave Brubeck Quartet Lacquer
  • Dave Brubeck Quartet Lacquer
  • Dave Brubeck Quartet
  • Dave Brubeck Quartet
  • Dave Brubeck Quartet
  • Dave Brubeck Quartet Lacquer
  • Dave Brubeck Quartet Lacquer
  • Dave Brubeck Quartet Lacquer

Dave Brubeck Quartet Lacquer

クアハウスでのライブ- 1967

¥11,900

900枚の数量限定.

在庫あり - 納期 5 日

全ての仕様を見る
¥890,000

オンデマンド

問い合わせ

ストーリー

1967年10月24日、活動を始めてからほぼ同じメンバーで構成し続けるデイヴ・ブルーベック・カルテットは、16年たった今も変わらないメンバーで登場しました。これまでの間に、彼らはお互いのことを知り尽くしてきました。

その夜、スヘフェニンゲンにあるクアハウスでのライブでは、ポールは恐らくいつものように、舞台に立つまでにすでに4杯のウィスキーを飲み、40本目となるタバコをふかす中、デイヴはいつものように禁欲的な自分を保ちながら、最初の数小節で、彼らが強い結びつきのある関係性を築き上げてきたことがわかる、Three to Get Readyでライブをスタートさせました。デイヴがこの曲の音程を調節し、ジョーがリズムを保ち、ポールが、新しい次元へと観客を誘う情熱的な要素を創り上げています。

「デイヴ・ブルーベック・カルテットは、文化と文化の間にある壁を壊しました。」

このライブパフォーマンスは確実に素晴らしいものでした。笑い声や、突然差し込まれた言葉や音を聞いてみてください。パフォーマンス自体に命が宿っているように感じます。ライブの数か月前にポールとデイヴがメキシコから持ち帰った童謡"La Paloma Azul"の演奏で、会場のムードはやさしく、透き通り、愛撫するようなムードに変わりました。この曲は、彼らが初めて演奏する曲のうちの一つで、これを耳にすることができるのは、特別感があります。このやさしい曲の後には、包み隠さない笑いが戻り、"Cielito Lindo"でのデイヴの指さばきが力強く打ち出され、"Swanee River"で陽気な曲へと続きます。ハリウッドで使われる価値があるオラトリオ、"Forty Days" は、その名前から聖書との繋がりを持ち、Exodus(出エジプト記)、映画Alamo、そしてその他の数作品を含む大ヒット作からのテーマを組み込んでいます その夜、デイヴ・ブルーベック・カルテットは、文化と文化の間にある壁を壊しました。

ラッカー盤

崇高ではかなく、一生に一度の究極のメディア。

究極のアナログメディア。魅力的な技術を用いた、数少ない熟練の制作者によってのみ創り出されるラッカー盤は、その特別な形状で、レコーディング時の最も繊細な音のニュアンスや感触でさえも取り込むことが可能になっています1枚のアルミニウム板から切り出し、ニトロセルロースでコーティングしたラッカー盤は、非常に脆く、音を再生し聞いているうちに使い物にならなくなっていきます。

素晴らしく、また儚い体験を提供してくれるラッカー盤は、最高級のヴィンテージ物、またはライブコンサートの雰囲気を味わわせてくれます。一生に一度の体験です。

ほんの一握りの人たちがこのユニークなメディアを特別に体験することができます。この限定エディションのラッカー盤のケースは、確かな信頼を置けるフィリップ・アティエンザとピエール・ジェルベールが手掛けており両者は Meilleurs Ouvriers de Franceの賞を受賞しています。職人技が見える洗練された逸品です。

ケースのコンテンツ

  • ラッカー盤4枚入りのレザーケース

  • コンサートとThe Lost Recording(失われた収録)についてのストーリー

  • ラッカー盤ユーザーガイド

  • レコード盤アルバム+ デジタルファイルへアクセスするためのダウンロードカード

  • ハイレゾ音源24 bitsスタジオマスター176.4 kHz版も利用可能です。

仕様

レコード盤
数量限定番号付きエディション各アルバム30枚限定
ラッカー盤のサイズ
14インチ
ケース
子牛皮
内張り
人工スエード
クレジット
コンセルトヘボウにて収録、1961年2月10日、MONO 1961 VARA , Remastered © & ℗ 2016 FONDAMENTA